ある千葉ジェッツブースターのぶろぐ

千葉ジェッツを中心にほぼBリーグに関係するぶろぐを書いています!

Bリーグ試合再開!【千葉ジェッツVS宇都宮ブレックス】Game1

いつも閲覧ありがとうございます!

 

にっちゃんです。

 

Bリーグ初の無観客試合で迎えた今節は宇都宮ブレックスとの2連戦。

どれほど大事な試合であるかはこちらの記事にまとめました。

 

www.bskshin.com

 

 

いやギャビンも原もでてねえ!!

 

なんでや!!原はともかくギャビンは出れるんじゃないの!?普通に歩いていたし。

明日はでるはず。。原もまだしばらくかかるんですね。ヘルニアに関しては程度にもよるし、完治しないともいわれているので症状を見ながら試合にでていくんでしょうか。

 

 

本日の試合を振り返ってみましょう。

 

 

【本日の試合ダイジェストはコチラ】

 

 

【宇都宮攻守の要 #9 遠藤 祐亮】

今日は遠藤の日でした。

スリーを決めればすべて吸い込まれる。3P成功率脅威の87.5%。

今回の試合は序盤にフリーにしてしまうことが多すぎてリズムに乗せてしまいました。存在感が強すぎて遠藤がボールを持てば千葉のディフェンスが崩れます。コーナーでフリーにしすぎてしまったことへの対策が急務ですね。

そして遠藤に呼応するかのように宇都宮全体でスリーを量産。13本決めます。ギャビンを入れてディフェンスを広げ3Pラインのケアをする必要性を感じました。

 

それにしてもいい選手すぎる!ドライブうまい、ボールコントロールうまい、ファウル数の調整もうまい、スリー決める、ディフェンスの核、リバウンドもとっちゃう。ずるすぎる。原かよ!

 

#9 遠藤 祐亮 主なスタッツ

29分出場、26得点(3P成功率87.5%、2P成功率50%)4リバウンド、4アシスト

f:id:sab2:20200314184213j:plain

#9 遠藤 祐亮 Photo by おなつ(@zukkiiina7) 

 

【#10ニック・メイヨ躍動】

 

ビッグマンの中でシュートタッチが人一倍いいニック・メイヨ。この日は特に絶好調でコンスタントに得点を決めます。ロシターやギブス相手に一人で押し込むといったことはなかったものの、ファストブレイクからのダンク、ミドル、スリーと苦しい時にもシュートを沈めてくれました。試合は終始宇都宮ペースといってもよかったですが、最後まで競ることができたのはニックが苦しい時に決めてくれたおかげです。

リバウンドが少なく、千葉ジェッツ全体でもリバウンドが少なかった要因となってしまっていたので、明日出場するのであればそこが課題となるでしょう。

若いだけあって勢いもよく成長著しいニック。今後もどれだけブースターを驚かせ、激しいプレイで会場を湧かせてくれるか楽しみです。

 

#10 ニック・メイヨ 主なスタッツ

 21分出場、22得点(3P成功率100%、2P成功率63.6%、FT成功率100%)2スティー

f:id:sab2:20200314190240j:plain

#10 ニック・メイヨ Photo by おなつ(@zukkiiina7) 

 

【#2 富樫 勇樹】

 とってほしいファウルをとってもらえなかったことで感情をコントロールできていなかった選手が多かったことが大きな敗因でしょう。

富樫は感情の抑揚が大きく、富樫劇場を引き起こしたりするのですが、チームに悪い影響を与えるときもあります。千葉ジェッツは良くも悪くも富樫のチーム。富樫が乱れればチームも乱れ、富樫がノればチームにも勢いがでます。

ターンオーバーを多く起こしてしまい、チームの流れを断ち切ってしまったことはやはり敗因の一つ。しかし、スピードのミスマッチでディフェンスを置き去りにしたドライブや、鋭いドライブからのジャンパー、ピックからのスリーとところどころ富樫らしさもでていました。

富樫はうまくいかなかった次の日は必ず修正し、溜まっていたフラストレーションを起爆剤に大活躍してくれます。私イチオシのスリーガードも、ピック&ロールも富樫がいてこそ。

明日の栃木戦では富樫らしさを十二分に発揮していただきたい!

f:id:sab2:20200314200223j:plain

f:id:sab2:20200314200228j:plain

#2富樫 勇樹 Photo by おなつ(@zukkiiina7) 

【次戦につながる4クォーターのDF】

Game1の3クォーターで得点を突き離されて10点近くあけられ劣勢の千葉ジェッツ

4クォーターでガード陣がボールを持たせないディナイディフェンスをし始め、常にパスカットを狙う。

コーがボールを持てばドライブで無理やり中に切り込み展開する。

これはおそらく大野さんがゴーサインを出したと思うんですよね。

「コーやっちゃいなよ」って。

 

一時的に点差を急激に縮め、逆転間近まで近づきました。

 

Game2ではこのアグレッシブなディフェンスを序盤から始めリズムをとりたいところです。

全体的に高身長で高確率にスリーを決める宇都宮選手達にボールを持たれてからどう抑えるか考えるより、ボールを持たせず、気持ちよくボールを回させないようにする方がいい。それがうまく機能したのが4クォーターだったのではないかと思います。

 

 

 

【まとめ】

ディフェンスがうまく機能せず、自由にスリーを決められてしまったGame1。

Game2では高い強度のディフェンスができるのか、そして富樫は調子を取り戻すことができるのか。明日の勝利は富樫にかかっているといえます。

また、今日のスリーガードはいつものスリーガードとはいえませんでした。本物のスリーガードを宇都宮にぶつけてほしい。

 

ぐだーっと負けた試合は記事をまとめるのが難しい!明日は気持ちよく勝ってくれ!

いくぞてっぺん!ゴージェッツ!!チカラーーーー!!!

 

 

【おまけ】

 今節の煽り動画とそのメイキングがアップされていましたので貼っておきます。

おーみ完全にコメディアン!笑