ある千葉ジェッツブースターのぶろぐ

千葉ジェッツを中心にほぼBリーグに関係するぶろぐを書いています!

現状のBリーグで多く目にするマナー違反に関して

 

1/23 千葉ポートアリーナでのBリーグの観戦に行きましたが、そこでは多くの子供達の無法地帯な光景を目にしました。

 

千葉ジェッツふなばしでは、クォーター間やハーフタイムの演出時、試合終了時に特典を投げ入れるパフォーマンスがあります。これ自体は盛り上がる素晴らしいものだと思います。

 

1階で観戦していると、このパフォーマンス時に決して届かなそうな位置の観客、特に子供達が階段の中腹まで降りてアピールをしたり、投げ入れられそうな場所に合わせて走り回ったりする子供達が多く見受けられました。そればかりか、数人の大人達も同じように移動する所が見受けられました。

 

特に誰も注意せず、試合は進んでいきます。

そして今日事故がアルバルク東京側ゴールの裏、コーナー付近に特典が投げ入れられ、階段中腹にいた子供の元へ飛んでいきました。後ろの大人がそこに飛び込み子供は階段から落ち、顔面を椅子に強打していました。

しばらく子供は身動きが取れず、そこに気づいたスーツの方が対応されていたので運営側は把握されているとは思います。

 

私は先にも書きましたが、このパフォーマンスに対して批判は全くありません。むしろブースターのことを考えた素晴らしいものだと思います。

 

まず保護者はなにをやっているのか、走り回っている子供、階段中腹で取り合いをする子供達に対し、迷惑になる、事故が起きるからやめなさいとなぜ注意ができないのか。同じ行動をとっている大人に関しては論外、言語道断です。

 

そして運営は本当にこの状況を把握していないのか、もしくは問題ないものだと思っているのでしょうか。今日違法駐車に関してアナウンスを何度もしていましたが、一言アナウンスをするだけで走りまわる人達が減るのではないでしょうか。先週、本来立ち見をするべきではないところで立ち見をして後ろで座っている方達が全く見えないという光景もツイッターで拝見しました。運営側が安全に健全な観戦をできる環境を作り出すことも仕事の一つだと思います。

 

以前から試合前の選手対してサインを求める方、試合終わりに出待ちをしてサインや写真を求める方など、最近マナー違反者が後を絶ちません。多くの方はマナーを守り、イベントの為に長く並んだり、コツコツとポイントを貯めている健全なブースターであり、その方達が泣きを見るような行為は許されるべきではありません。別に私は街中で偶然出会った時のことを話しているわけではありませんが、一部のルールやマナー違反者だけが得をするような行為は禁止されるべきです。

 

大前提としてブースター個人がマナーを守る様気をつけることを意識するのは当たり前です。がしかし、これだけの人数が会場にくれば色々な方がいます。

 

Bリーグに関わる皆様が安心、安全に試合や観戦できるような環境作りをする義務が運営側にはあると私は考えます。