ある千葉ジェッツブースターのぶろぐ

千葉ジェッツを中心にほぼBリーグに関係するぶろぐを書いています!

最大の敵は栃木ブースター【栃木ブレックスvs千葉ジェッツ】

 

にっちゃんです。

 

2月の初戦、相手は東地区で首位を争うBリーグ優勝大本命の栃木ブレックス

 

つい1ヶ月前に同カードで2試合行われたばかりですが、またもやってきましたね首位攻防戦。どちらも千葉の勝利で終わることができましたが、どちらも最後の1秒まで接戦でした。

 

さらに今回は懸念しなければいけない事項が追加で2点増えます。

 

 

【セカンドユニットPG比江島慎

電撃日本復帰で1/15に登録、次の日の千葉ジェッツ戦に出場しました。栃木での起用はフォワードではなくガード起用。これは衝撃でしたよね、そうきたか安齋さんって感じ。この日も元々日本代表のエースと呼ばれるオフェンス力は破壊力抜群でしたが、合流したばかりで周りとの動き、ディフェンスやボールを持っていない時の周りとの動きが合っていない印象でした。

それから1ヶ月、あの時の比江島とは全く違う動きを見せてくれるでしょう。PGが190センチの比江島慎で構成されるセカンドユニットに要注意です。

 

【栃木ブースターの驚異の団結力】

トラウマです。

今回は栃木ブレックスアリーナで行われらアウェイ2連戦。他のチームのアウェイとは訳が違う。試合前の県民歌大合唱、コールリーダーを中心に見事に統制されたノーミュージックコール。これだけどちらが勝つかわからない試合が行われる両者ですから、最後は気持ちが勝利を分ける可能性は大いにあります。ブレックスアリーナで試合後の選手達が口を揃えて応援のお陰でというのは本心から出ている言葉でしょう。

 

 

この大きな懸念の他にも今まで通り、最強の外国人インサイド、ロシターとギブスコンビや、ディフェンスとオフェンスの中心遠藤という存在もいます。

 

栃木に勝つには今まで以上に難しくなったと言わざるを得ませんが、鍵はやはり前回勝利の要因のインサイドの活躍は必須。+富樫が遠藤に抑えられず、逆にアキが遠藤を抑え込むこと。栃木のセカンドユニットが高身長なことも考えると最近不調なりゅーもの復活も重要になりそうです。

 

明日から首位攻防2連戦、強敵栃木を相手に連勝を伸ばすことができるか。絶対に勝ちましょう!ゴーー!ジェッツ!!