ある千葉ジェッツブースターのぶろぐ

千葉ジェッツを中心にほぼBリーグに関係するぶろぐを書いています!

今回のコロナと今後のBリーグを整理してみました【千葉ジェッツVS宇都宮ブレックス】

いつも閲覧ありがとうございます!

 

にっつぁんです!!

 

 

まさかまさかの試合中止!

千葉ブースターも宇都宮ブースターも本当に楽しみにしていた試合。

つらいですよね。

 

さて、今回の件について情報を整理しましょうかね。

 

 

 

Bリーグ公式による発表】

https://www.bleague.jp/news_detail/id=81726

 

 

【試合中止理由】

 

簡潔に言うと、

「審判の一人が37.5度を超える発熱」

コロナと断定はできないが、選手やスタッフへの安全を考慮し中止」

 

この2点が理由となります。

 

【コロナを疑う条件】

厚生労働省より、以下の2点のいずれかに該当されている方が受診・相談の目安とされています。 

①風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
② 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

 

今回の審判は①に該当する可能性がある為に中止となりました。

咳といった肺炎特有の症状はないですが、嘔吐下痢症状でコロナが診断された方もいます。風邪という幅広い症状が該当してしまうのがコロナの悪いところなんですよね。

 もっと目が異常に充血するとか、右肺に激痛がはしるとかわかりやすいものであればいいんですけどね。

 

「代替審判がいれば~」的なご意見もありましたけど代わりがいてもだめですからね。

 

理由は選手が「濃厚接触者」だから

 

【濃厚接触者】

 

濃厚接触者の定義

・手で触れること又は対面で会話することが可能な距離(目安として2メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と接触があった者

 

選手やスタッフの一部は濃厚接触者となる可能性が高いです。すれ違った程度や遠くにいたスタッフには定義には該当しません。

 

 仮に代替審判がいても、感染リスクをさらに広げる可能性がある為中止となります。

 

【発熱した審判に対する今後の流れ】

※あくまでコロナ疑い患者に対しての一般論です。練習や試合に関してBリーグがどういう対応を行うかはまた別の話です。

 

今回の審判がコロナと断定されたわけではない。

ここが重要です。

 

発熱のみの症状ということで4日程度の経過観察となります。

 

選手は2週間練習せずに自宅待機しなければだめ?と疑問に思われている方が何人かおりましたが、ここで症状の改善が見られれば基本的にはコロナは否定されたとみていいです。

かなり軽度、もしくは無症状感染者がいるぐらいですから完全に否定されたわけではありませんが、それをいってしまうと私達も含む全ての人がその可能性はあります。

ただ審判のコロナが否定されない限りは自宅待機になる可能性は高いですし、練習を行うのはリスクが高いですが、Bリーグやチームの判断となります。

 

基本的に「濃厚接触歴がない」且つ「所見(症状)がみられない」場合はコロナリスク患者としては扱われません。

 

病院に行く場合ももちろんあります。レントゲンにて肺炎の症状がないか、インフルエンザの可能性はないか等確認した上で疑いがあればコロナの検査をすることになります。(6時間程度で結果はわかります)

 

病院にいこうがいくまいが、症状が改善しない限り4日程度の経過観察は必須となります。

 

審判がコロナと診断された場合はさらに選手達は合計2週間程度の自宅待機が命じられます。

 

【今後のシーズンに関して】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-23150335-nksports-spo

 

中止した試合や再開を疑問視する関係者・選手が多い為再検討するとのこと。

外国籍選手が健康上の不安から出場辞退しているチームもありますからね。

 

個人的な意見としては、この現状であれば中止もアリなのかなと。ちょっとしたことでも中止となってしまう現状ではシーズンが成り立たない可能性も高い。

 

リーグは少しでも各チームの損失を減らし、潰れないように考えて常にギリギリの無観客試合という判断を行っています。ここで再開せずに数チームが財政破綻していたらそれはそれでリーグにバッシングがきていたでしょう。本当に難しい。

ただこの状況では中止することも仕方ないといえますから選択肢として中止案が浮上してきましたね。

 

中止と決断した場合、今度はチームが潰れないような対策を講じなければなりません。

 

 

【コロナショックへのBリーグ対策】

これから経済の大打撃、コロナショックが襲ってきます。

Bリーグを守るために私たちができること。それはお金を使うこと。

ただ直接的にお金入ったり、私達にもメリットないとお金は正直使いたくないという方も多いはず。

 

グッズを大量販売するのもいいですが、

Bリーグ基金を設立し、募金を募ったり、オーセンや選手の私物のチャリティーオークションを開くのがいいのかなと個人的に思っています。

 

もしくは川崎ブレイブサンダースのように動画配信をしてお金を稼ぐのもいいかもしれません。各選手達に出演いただくのもいいですし、今までの試合を編集してアップするのもいいです。

 

お金はあっても困りはしません!迫りくるコロナショックに備えないと!

皆さんもお気を付けて!

 

【最後に】

まずは、今回発熱症状が出た審判の方が

早く快復されますように心から願っております。

 

そして千葉ジェッツ#11西村選手のツイート

 

これにすべてが詰まっていますね。私も肝に命じておきます。

 

なんかとりあえず暗い話題多いんでご利益のありそうな画像貼っておきますね。

f:id:sab2:20200315200351j:plain

フォトグラファー おなつ(@zukkiiina7)とアリーナ近くの自由の女神 


みんなが笑顔で過ごせるシーズンが早くきますように!