ある千葉ジェッツブースターのぶろぐ

千葉ジェッツを中心にほぼBリーグに関係するぶろぐを書いています!

和歌山行ってきましたよ【天皇杯二次ラウンドvsレバンガ北海道】

 

お久しぶりです

 

にっちゃんです。

 

厳しい戦いが続いておりますね。

ツイッターも荒れに荒れております。

 

そこで考えました。これはにっちゃんの出番じゃないですかと。

 

おこがましい、ええおこがましいですとも!!!

それでも自己満で何か言わずには入られません!!

様々なツイートを拝見し、帰りの新幹線で思いを巡らし書き綴ったものなので乱文ご容赦ください。言いたいこと最後にまとめたのでめんどい方は最後のまとめだけみてください。

 

【VSレバンガ北海道総評】

 

千葉は終始外が入らない厳しい試合でした。昨年のリーグ優勝シーズンでさえ、何試合かに1回はそういう試合がありました。その時は外国籍のインサイドやパーカーのリバウンドが光り、凌いだ印象ではありますが、今はインにはいればダブルチームを徹底され、富樫にはエースキラーがフェイスガード。ボールを持つことすら厳しい状態。アウトサイド、トップやコーナーからのドライブが効果的ですが原ちゃんぐらいしか現状は難しい。個人的にはこの点の解消をコーくんに期待していますが、チームプレー、特にディフェンスが課題です。何より今回は怪我で離脱(軽度のようですが足首にテーピングをしていました)

そして今回そのアウトサイドが入らないことでオフェンスが苦しかった。

 

対するレバンガはカミングス、ミークスを中心と強力なインサイドで安定した得点、さらにアウトサイドがかなり当たりました。ディフェンスで捨てられる部分がなく、対応が中途半端になってしまったことで翻弄された印象です。

 

結果はレバンガ北海道の勝利となりました。

 

【最近の千葉ジェッツと様々な意見を聞いた私見

 

ほとんどツイートしちゃったんですけどね。

 

最近スカッとする試合観れていないですもんね。Bリーグ発足から常に優勝に絡み続けたチームですし、天皇杯でも3連覇してましたから。観てる方も辛いですよね。

 

常に勝ち続けて強いチームにいたいならその都度強いチーム見つけてそこ応援するのが一番楽しいと思うんです。でも1つのチームを応援すると、何年かに一度は選手やフロントスタッフの離脱によるチーム状況の変化でどうしても苦しい時期が発生しちゃうと思うんですよ。

 

別に批判するなっていって言ってるんじゃないですよ、お金出して応援してるし、そういうコンテンツだと思うんで、おいもっと頑張れよとか言っていいと思います。※野次とか誹謗中傷は論外ですよ!

 

ただわかってほしいのは、結果なんてそうすぐ出るもんじゃないし、人が変化する以上波なんていくらでもあります。今まで3年間結果出し続けてた時には褒め続けて、人員が変わって苦しい時に数ヶ月で結果出なかったからその人自体を否定するような発言をされる方にはいささか疑問を覚えます。

 

さらにいってしまえば負けたら厳しい言葉を投げかけなければいけないといった風潮も意味がわかりません。

 

こういう方達は、

頑張れ!俺らは負けても応援するぞ!という発言をすると選手達が「あっ負けても応援してもらえるし負けてもいいや、頑張らなくてもいいや」ってなると思ってるんですかね。

 

少なくとも私は仕事上で上記のように失敗した時にひたすら非難され続けるより、お前のいいところは俺が知っている!俺はどんなことがあっても応援するぞ!っていってもらえた方がよし!頑張るぞ!って思えますよ。

 

長くなりましたがまとめます。

 

「結果はすぐ出るものじゃない。苦しい時期もある。それでも私は千葉ジェッツの選手達を応援し続けますし、これまでの実績のある大野さんがまた強いチームにしてくれると信じています。批判は仕方ないが、人自体の否定はありえない。応援は甘やかしじゃない。鼓舞だ。」

 

以上です!言いたいことがうまく伝わってくれたらいいなー。

 

12月11日にリベンジだ!!その前に富山!!行くぞジェッツ!!!