ある千葉ジェッツブースターのぶろぐ

千葉ジェッツを中心にほぼBリーグに関係するぶろぐを書いています!

千葉ジェッツ地区優勝マジック2!!

 

 

 

 

f:id:sab2:20190412032108j:plain



 

 

お久しぶりです、にっちゃんです。

 

サボってたわけじゃないんです。

年度末くそ忙しかった(泣

 

でも久しぶりにブログを書こうとしたら、1日の平均レビュー数がブログを書かなかった間も維持されていて驚きました。レビュー数が数人ってわけではないですからね!!

 

きっと思い出したように覗きに来てくれたり、新しく見に来てくれる人がいたのかな。とてもうれしいです。ありがとうございます!!

 

本日のラインナップ

 

【地区優勝条件】

さて本題、

千葉は既にCS(チャンピオンシップ)への切符をつかみ、更に先日の秋田戦でも見事に勝ち切り、地区優勝までのマジックを2としましたね。次節のアルバルク東京戦で地区優勝が決まる可能性があるので、今のうちに整理しましょう!

といっても複雑なことではないのですが、念のため。

 

 

 

東地区の2位は栃木ブレックス。千葉の勝敗の他に栃木の勝敗が関与してきます。

 

【千葉が2勝した場合・・】

栃木の勝敗関係なく地区優勝

 

【千葉が1勝の場合】

栃木が1敗したの時点で地区優勝

※栃木が2連勝した場合次節持ち越し

 

【千葉が2敗した場合】

栃木が2敗した場合のみ地区優勝

※栃木が1勝でもしたら次節持ち越し

 

ブースターの心情からしたら栃木の勝敗関係なく、スパッと2連勝して優勝を決めていただきたい!

さらに私個人の感情としては現地観戦にいく日曜日に決めてほしい!笑

 

栃木が連勝することを前提すると地区優勝に立ちはだかる壁はとても高い。アルバルク東京

 

【栃木戦から見えた千葉の課題】

ここからは私の素人目線での一意見です。

 

ここ数戦で東京に勝ち続けている千葉ですが、前回の栃木戦で徹底的にインサイドをつぶされて敗北してしまいました。課題は「3番」つまりフォワードポジションではないかなと考えます。

アキのようにディフェンス時で光る選手もいますが、オフェンス時に3番の役割が少なすぎる気がします。千葉のリバウンドが弱い理由の1つに3番があげられるのではないかと考えています。栃木では遠藤、東京では馬場、琉球では古川、三河では金丸といったような、どこのチームも攻撃の核となりうる選手がいます。

富樫や西村のオフェンス力やインサイド陣のスピードのおかげで役割を分散させていますが、インサイド陣に人数をかけ、富樫にエースキラーをつけたらオフェンスが詰みます。栃木はインサイドにボールが入ると3人で止め、富樫を遠藤や山崎のディフェンスで削り対応していました。

 

では、これを打開する選手はだれか。「原」か「トレイ」ではないでしょうか。

原のフィジカルでドライブで切り込み、ディフェンスを引き締めます。もちろんスリーも打てる。

トレイは1プレイで魅了されるほどのオフェンス力。彼がボールを持てばわくわくが止まらない。トレイが出る=インサイドを削ることになるので、原を起用することが現実的だとは思いますが、個人的には彼のプレイがみたくてしょうがない()

ちなみに石井ちゃんがドライブすることが増えましたね。上記の懸念点を補うにはとてもいいプレイだと思います。

 

f:id:sab2:20190412031344j:plain




【終わりに】

完全に余談ですが、

この3月23日から4月14日までの千葉はかなりのハードスケジュール。毎週3試合こなしています。この中には北海道のアウェイ戦や、ハードディフェンスでお馴染みの秋田、最大のライバル栃木、締めには昨年王者東京の2連戦が待っています。試合間で対策の練習も必要でしょうし、選手はまともな休暇もないのではないでしょうか。スケジュールについては、ほかのチームも同様で疲労によるパフォーマンスの低下やケガがとても心配です。来年は是非この点を考慮したスケジュールを作成していただきたい。

 

東京は強固なディフェンスが売りです。千葉のインサイドがどれだけ機能するか、抑えられた場合千葉がどう対応するか。要注目ですね!

 

いくぜてっぺん!Go ジェッツ!!!